長く快適に住むために定期点検やメンテナンスが必要です

雨漏り

マイホームを建築するときには、脆弱な地盤では改良工事を行い、ベタ基礎を作るなどして頑丈な基礎構造を完成させてから、各種工法を駆使して住宅を建築しています。伝統的な木造住宅でも軸受け工法のほかにも、最新の知見をもとに開発された各種施工法で建築されているので、基本的には数十年単位で安全快適に生活を送ることができる構造です。つまり耐久性に優れているので、基本構造部分は大震災や台風などの風水害などに遭遇することがない限り、特にメンテナンスをすることなく居住を継続できる堅牢さを持っています。

しかし、他方で耐久材としての側面が強いものの、一方では定期点検やメンテナンスなどを実施しないと、快適な日常生活に支障をきたすことがあることもあります。まず経年劣化しやすい傾向が顕著なのは外壁です。外壁は24時間雨水や寒暖などの気候変化にさらされているわけです。防水性能や耐久性に優れた塗料などでカバーされていても、塗装膜は次第に劣化していきます。塗り直しなどのメンテナンスの目安は10年ごとが理想的とされていますが、コストの課題もあるので10~20年をタイムスパンに修繕工事をするのがベターです。

屋根材も防水素材などは経年劣化しやすいので、放置すると屋根から雨漏りすることもあります。大規模な台風やゲリラ豪雨などに遭遇しないとしても、10~20年に1回くらいは雨漏りなどが発生していない場合でも、定期点検で認識できていない雨漏り箇所などがないのかを確認する方がいいかもしれません。

雨漏りといえば屋根に問題が隠れていると思われがちですが、実はサッシの劣化が原因のこともあります。サッシと壁面との間にすき間などがあると、漏水経路が形成されて雨漏り症状を呈することがあるわけです。サッシ周辺から雨漏りがするときは、修繕工事で対応する必要があります。

ところで、住宅には快適に日常生活をおくるために、各種の設備が設置されています。中でも使用頻度が高く不具合に遭遇する機会も多いのが、水回り設備になります。水回りとは具体的には、キッチンやバスルーム・トイレや洗面所など、水を大量に使用する設備のことです。4人家族が一日にどれほど水回り設備を利用するかを想像すれば、苛酷な環境におかれていることは容易に理解できるはずです。また水回りは設備が陳腐化しやすい箇所でもあるので、概ね10~20年を目安にメンテナンスや修繕工事、場合によっては新品に交換するなども検討するべきではないでしょうか。

関連記事
住宅設計
ハウスメーカーごとの住宅の構造・工法の特徴

マイホームを建築するときには、どこに施行を依頼するべきかが問題になります。地域密着型の工務店や個人の大工などに依頼するのが、地方では一般的か

記事を読む

noimg
一戸建ての防犯・セキュリティー対策で不安を解消!

最近、タワーマンションをはじめとした高級賃貸マンションが、女性にも人気を集めている理由の一つに、セキュリティー性能に優れている点を指摘するこ

記事を読む

noimg
一般住宅で使われる断熱材にはどんな種類がある?

快適な住空間を実現するには、断熱性能と住まいのあり方には切っても切れない関係があります。特に冬場の気候が厳しい地方では、断熱材選び一つで入居

記事を読む

noimg
住宅向けにも普及し始めている全館空調システムとは

日本の住宅は、季節による内外の室温差が大きいと言われています。特に冬場の気温の違いはヒートショックなどの健康被害の原因になるだけに、注意が必

記事を読む

noimg
耐火性能が高いウッドパネル工法とは

ウッドパネル工法は、従来の伝統的な木造住宅の木造軸組工法と、近年登場した2×4工法を組み合わせたハイブリッド建築方法になります。柱と梁を張り

記事を読む

地震による被害
地震対策として耐震・制震・免震どれを選べばいい?

住宅は普段の日常生活の本拠であると同時に、地震をはじめとした自然災害のときに家族の生命や財産を守る役割も担っています。地震大国の異名もある日

記事を読む

noimg
家を建てるときに必要な建築基準法とは

土地の上に家を建築するときには、順守しなければならない基本ルールがあります。それが建築基準法という法律です。自分が所有している土地に家を建て

記事を読む

noimg
極寒の冬も快適に過ごせる床暖房を設置しよう

冬場にリビングなどを歩くとき、足元の冷たさに震え上がることがあります。頭寒足熱の言葉があるように、冬場も足元は暖かくするのが健康面でも望まし

記事を読む