家を建てるときに必要な建築基準法とは

土地の上に家を建築するときには、順守しなければならない基本ルールがあります。それが建築基準法という法律です。自分が所有している土地に家を建てる以上、どのような広さや高さのマイホームを建築しようと自由のはず、このように考える人がいるかもしれません。しかし、マイホームとはいっても、相応のサイズの建築物になります。地震や風水害や火事などに遭遇すると、周囲を巻き込んで大きな被害に発展するリスクも抱えた存在です。そのため、土地の上に家を建築するには、制裁も盛り込んだ法律で縛りを掛けて、周辺の安全上も問題のないように規制する必要があります。

そこで家づくりの基本ルールを定めた法律が、建築基準法というわけです。マイホームを建築するときは、もう一つ都市計画法という法律に基づき設定されている用途地域を確認することが必須になっています。したがって、都市部でマイホームを建てるシーンでは、建築基準法と都市計画法という二つの法律の規制を正しく理解する必要があるわけです。それでは建築基準法の基本ルールと都市計画法の用途地域について概要を御紹介します。

まず、エリア全体の建築物を事前に規制しているのが、用途地域です。都市計画法では色々な用途地域が設定されていますが、どの種類の建築物を建てることが可能なのかを確認できるので、土地購入の段階で確実に確認しておく必要があります。建築基準法で重要な規制は、建ぺい率と容積率、そして防火地域での扱いです。建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合のことで、防火・防災のために建築できる面積は決まっています。これに対して容積率は延べ床面積の敷地面積に対する割合のことです。建ぺい率が平面の規制をしたものとすれば、容積率は空間の規制をしたものと表現することができるでしょう。

ところで、木造住宅が多い日本では、家の防火性能は非常に重要です。特に家が密集しているエリアでは防火地域として指定し、家の構造や設備に厳格な規制が課されていることがあります。建築基準法22条では、このようなエリアを特に防火地域として指定することができるとされています。防火地域で家を建てるには、大火でない通常の火事の火の粉によって防火面で有害な発煙をしない設備を備え、屋内に防火上有害な燃焼や亀裂・損傷しない構造を採用することが要求されているのです。このように建築基準法と都市計画法の用途地域があいまって、安全で快適な家づくりが可能になっています。

関連記事
雨漏り
長く快適に住むために定期点検やメンテナンスが必要です

マイホームを建築するときには、脆弱な地盤では改良工事を行い、ベタ基礎を作るなどして頑丈な基礎構造を完成させてから、各種工法を駆使して住宅を建

記事を読む

noimg
極寒の冬も快適に過ごせる床暖房を設置しよう

冬場にリビングなどを歩くとき、足元の冷たさに震え上がることがあります。頭寒足熱の言葉があるように、冬場も足元は暖かくするのが健康面でも望まし

記事を読む

noimg
一般住宅で使われる断熱材にはどんな種類がある?

快適な住空間を実現するには、断熱性能と住まいのあり方には切っても切れない関係があります。特に冬場の気候が厳しい地方では、断熱材選び一つで入居

記事を読む

地震による被害
地震対策として耐震・制震・免震どれを選べばいい?

住宅は普段の日常生活の本拠であると同時に、地震をはじめとした自然災害のときに家族の生命や財産を守る役割も担っています。地震大国の異名もある日

記事を読む

noimg
耐火性能が高いウッドパネル工法とは

ウッドパネル工法は、従来の伝統的な木造住宅の木造軸組工法と、近年登場した2×4工法を組み合わせたハイブリッド建築方法になります。柱と梁を張り

記事を読む

noimg
一戸建ての防犯・セキュリティー対策で不安を解消!

最近、タワーマンションをはじめとした高級賃貸マンションが、女性にも人気を集めている理由の一つに、セキュリティー性能に優れている点を指摘するこ

記事を読む

住宅設計
ハウスメーカーごとの住宅の構造・工法の特徴

マイホームを建築するときには、どこに施行を依頼するべきかが問題になります。地域密着型の工務店や個人の大工などに依頼するのが、地方では一般的か

記事を読む

noimg
住宅向けにも普及し始めている全館空調システムとは

日本の住宅は、季節による内外の室温差が大きいと言われています。特に冬場の気温の違いはヒートショックなどの健康被害の原因になるだけに、注意が必

記事を読む