地震対策として耐震・制震・免震どれを選べばいい?

地震による被害

住宅は普段の日常生活の本拠であると同時に、地震をはじめとした自然災害のときに家族の生命や財産を守る役割も担っています。地震大国の異名もある日本では、家づくりにあたっても地震対策は必須のもので、建築基準法でも規定されているほどです。度重なる震災被害を経験した日本では、住宅でも地震対策が強く意識され、技術も発展を遂げてきました。現在日本国内での地震対策では、耐震・制震・免震の3つの方法が実用化されています。それぞれの地震対策の特徴と注意するべきポイントを御紹介します。

耐震構造とは、建物の基本構造から頑丈につくり、建物全体を強く固定することで地震の衝撃に耐える効果を付与するものです。柱や梁を太くしており、丈夫なため、建物全体の倒壊を防ぐ構造になっているのが特徴です。しかし、地震発生時には建物全体が揺れることが前提になっており、建物全体の倒壊を防止することができても、屋内で家具が転倒することによる二次被害を防止する効果は薄いという点が、最近では意識されるようになっています。現行建築基準法では耐震構造は必須とされていますが、1971年と1981年・2001年に改正されてきました。そこで、改正前の住宅を購入したときは別途耐震工事が必要なことがあります。

制震構造とは、建物の要所に設置された装置が地震の揺れを吸収する仕組みです。地震エネルギーそのものを伝えにくくなることで、揺れが軽減されるメカニズムになっています。高さのある建物では特に効果的で、2階以上では揺れを20-50%も軽減されるそうです。一般住宅用の制震装置も実用化されており、リフォームを契機に設置する住宅も増えています。

免震構造とは、建物の躯体と地盤の間に免震装置を組み入れることで建物と地盤を切り離し、揺れを吸収することで揺れを伝えない仕組みのことです。免震構造は制震構造よりもさらに揺れを伝えないメカニズムで、実に揺れの7-8割程度はカットすることができると見られています。屋内でもゆれが伝えないようになっているので、家具の転倒などの二次的な事故の発生も回避することができるわけです。建物の規模に関係なく設置できるのが、免震構造の特徴ですが、建物と地盤を切りはなすという特性は、台風や津浪発生時などの風水害には弱いというデメリットがあります。台風が襲来する地方では注意が必要ですが、垂直方向の揺れに対しては効果が薄いとの見解もあります。どの地震対策を採用するかは、気候風土の特性やコストなどを踏まえて判断するべきでしょう。

関連記事
noimg
住宅向けにも普及し始めている全館空調システムとは

日本の住宅は、季節による内外の室温差が大きいと言われています。特に冬場の気温の違いはヒートショックなどの健康被害の原因になるだけに、注意が必

記事を読む

雨漏り
長く快適に住むために定期点検やメンテナンスが必要です

マイホームを建築するときには、脆弱な地盤では改良工事を行い、ベタ基礎を作るなどして頑丈な基礎構造を完成させてから、各種工法を駆使して住宅を建

記事を読む

住宅設計
ハウスメーカーごとの住宅の構造・工法の特徴

マイホームを建築するときには、どこに施行を依頼するべきかが問題になります。地域密着型の工務店や個人の大工などに依頼するのが、地方では一般的か

記事を読む

noimg
極寒の冬も快適に過ごせる床暖房を設置しよう

冬場にリビングなどを歩くとき、足元の冷たさに震え上がることがあります。頭寒足熱の言葉があるように、冬場も足元は暖かくするのが健康面でも望まし

記事を読む

noimg
耐火性能が高いウッドパネル工法とは

ウッドパネル工法は、従来の伝統的な木造住宅の木造軸組工法と、近年登場した2×4工法を組み合わせたハイブリッド建築方法になります。柱と梁を張り

記事を読む

noimg
家を建てるときに必要な建築基準法とは

土地の上に家を建築するときには、順守しなければならない基本ルールがあります。それが建築基準法という法律です。自分が所有している土地に家を建て

記事を読む