住宅向けにも普及し始めている全館空調システムとは

日本の住宅は、季節による内外の室温差が大きいと言われています。特に冬場の気温の違いはヒートショックなどの健康被害の原因になるだけに、注意が必要です。寒い冬場などに暑い湯船につかることで、急激に血圧が変動し、心筋梗塞や脳梗塞をひきおこすのがヒートショックの怖いところです。せっかくのマイホームは、寒さや暑さにストレスを覚えることのない住まい作りを実践したいものです。そんな住宅環境の悩みを解決する鍵になるのが、全館空調システムです。最近では一般家庭の住宅向けも販売されていることもあり、関心を集めています。こちらでは全館空調システムのメリットやデメリットを御紹介します。

そもそも全館空調システムとは、建築物全体の空調を一括管理するシステムのことです。一般的な個別空調とは異なり、大型の空調装置を別途設置し、家中に張り巡らせたダクトを通じて冷暖房や換気を行うというわけです。従来はそれぞれの部屋にエアコンを設置し、気温はそれぞれの部屋の個別空調に委ねられてきました。これに対して全館空調システムでは、1台の装置で換気・空気清浄・冷暖房といった一連の空調機能を発揮し、24時間管理で建物全体を快適な気温・湿度にコントロールしてくれます。従来は大型の建築物に導入されているだけでしたが、最近では一般住宅向けの全館空調システムが販売されたことから、普及のきっかけになりつつあります。全館空調システムの導入にはイニシャルコストが嵩むイメージが強いです。しかし、潜在的需要が見込めるため、ハウスメーカー各社でも研究開発が盛んな分野で、コストも下がり、新居に導入したい住宅性能の一つになっています。

全館空調システムを導入することのメリットは、屋内の気温差が解消されるため、冬場のヒートショックなどを防止できることです。また、空気清浄機能をもっているため、部屋干ししても嫌なニオイが残ることもありません。部屋干しを快適に実践できるというのは魅力的ですし、間取りの自由度が高く、家づくりの上でも大きな優位性があります。例えば、吹き抜けの設置を空調効率の関係で断念している人も多いはずです。屋内の気温を一括管理する全館空調システムのもとでは、吹き抜けを設置しても空調効率が落ちることを気にする必要はありません。他方で光熱費の高さは根強く意識され、なかなか普及しない理由になっています。光熱費を抑えるには高気密・高断熱性能が前提で、結果的にコストが嵩むことになるのも注意点の一つです。

関連記事
noimg
家を建てるときに必要な建築基準法とは

土地の上に家を建築するときには、順守しなければならない基本ルールがあります。それが建築基準法という法律です。自分が所有している土地に家を建て

記事を読む

noimg
一戸建ての防犯・セキュリティー対策で不安を解消!

最近、タワーマンションをはじめとした高級賃貸マンションが、女性にも人気を集めている理由の一つに、セキュリティー性能に優れている点を指摘するこ

記事を読む

noimg
一般住宅で使われる断熱材にはどんな種類がある?

快適な住空間を実現するには、断熱性能と住まいのあり方には切っても切れない関係があります。特に冬場の気候が厳しい地方では、断熱材選び一つで入居

記事を読む

雨漏り
長く快適に住むために定期点検やメンテナンスが必要です

マイホームを建築するときには、脆弱な地盤では改良工事を行い、ベタ基礎を作るなどして頑丈な基礎構造を完成させてから、各種工法を駆使して住宅を建

記事を読む

noimg
耐火性能が高いウッドパネル工法とは

ウッドパネル工法は、従来の伝統的な木造住宅の木造軸組工法と、近年登場した2×4工法を組み合わせたハイブリッド建築方法になります。柱と梁を張り

記事を読む

noimg
極寒の冬も快適に過ごせる床暖房を設置しよう

冬場にリビングなどを歩くとき、足元の冷たさに震え上がることがあります。頭寒足熱の言葉があるように、冬場も足元は暖かくするのが健康面でも望まし

記事を読む

地震による被害
地震対策として耐震・制震・免震どれを選べばいい?

住宅は普段の日常生活の本拠であると同時に、地震をはじめとした自然災害のときに家族の生命や財産を守る役割も担っています。地震大国の異名もある日

記事を読む

住宅設計
ハウスメーカーごとの住宅の構造・工法の特徴

マイホームを建築するときには、どこに施行を依頼するべきかが問題になります。地域密着型の工務店や個人の大工などに依頼するのが、地方では一般的か

記事を読む